「情報セキュリティ対策の診断研究プロジェクト成果報告」発表

2017 News

2011年5月25日 「情報セキュリティ対策の診断研究プロジェクト成果報告」発表

2012年6月8日(金)に開催されるシステム監査学会主催「2012年度第26回研究大会」にて、プロジェクトの研究成果を発表します。
発表テーマ「利用者のためのソーシャルネットワーキングサービスに関するセキュリティ研究」
企業経営者が直面する危機として取り上げられる話題に、「Facebook(フェイスブック)」「twitter(ツイッター)」などのSNSを中心とした社員の発言から、企業の情報管理を問われる事故が多く聞かれています。一方、社員によるSNSの利用は個人利用の側面が強く、経営者から見てその利用実態はブラックボックス。急速に普及するSNSに対して企業としてルール作りが追い付いていない現状といえます。
そこでSNSを起因とした企業の信用失墜や風評被害など多大な影響を及ぼすセキュリティ上の懸案事項を早急に解消していく取組みが必要であると判断し、社員によるSNSの利用に対する利用上の指導および、指導に基づく利用実態を監査する仕組みについて、弊社が参加する研究会がその成果を報告する予定です。
http://www.sysaudit.gr.jp/taikai/2012taikaiyoushi.html#7