社員のセキュリティ意識を高める実質重視のコンサルティング。

事業に生かせる運用を目指す
ISMS(ISO27001)認証取得サービス

顧客から情報を預かる事業を展開する企業様向けの認証取得サービス。最大限の投資対効果を目指せます。

【ISO27001認証取得までの流れとデンカクのサポート】

新規取得コンサルティング89万円~

維持更新コンサルティング38万円~

規程、様式の作成
規程、様式の修正

作成した規程や必要事項を記入した様式一式を解説しながら完成させていきます。

資産台帳の作成
資産台帳の修正

セキュリティ情報の取り扱いをヒアリングし、主要な情報資産を特定した台帳をご用意します。

リスクアセスメント表の作成
リスクアセスメント表の修正

資産台帳に基づいた正確で見やすいリスク分析を行います。

従業員教育の実施

オリジナル教材とテストをご用意し、集合研修またはeラーニングで全従業員に教育を実施します。

内部監査の実施

自社業務に基づくセキュリティ監査チェックリストをご用意し、監査を実施します。

申請前の書類確認

申請様式への記入や必要な書類に不備がないか、ご担当者様と一緒に確認し、準備します。

申請・文書審査

運用審査立ち会い

文書審査(1st)の結果に対する修正を行い、運用審査(2nd)には一緒に立ち会いますのでご安心ください。

現地審査

審査後の改善対応

運用審査(2nd)後の指摘事項を一つひとつ改善します。

ISMS認証取得!

※事業所が1拠点以内、社員数50名までの価格になります。ただし更新期限まで2ヵ月以上ない場合、業務範囲が多い場合は別途お見積もりをさせていただくことがあります。会議回数やプロジェクト期間の延長等による追加料金はありません。

プライバシーマークに関するFAQプライバシーマークに関するFAQ

  • リスクアセスメントとは何ですか?
    リスクアセスメントとは、保有する情報に対する価値を具体的かつ明確に評価する作業です。社内の資産情報をピックアップして、法規制や業務上の優先順位に沿って価値の優劣を決定していきます。この時に登場するのが、機密性、完全性、可用性の3キーワー ド。評価する人の理解や認識で情報価値がブレてしまいやすい、注意すべき点です。デンカクでは、複数企業の協力のもと、実証的な価値基準を半自動化するプログラムをご用意しています。客観性をもったブレない評価結果をご提供いたします。
  • Pマーク、ISMS、どちらを取得すべきですか?
    デンカクでは、顧客からいずれかを求められている場合、ただ取得するだけではなく、効果の観点から、個人情報を取り扱う業務の売上又は収益が全体の50%以上を占める場合はPマークをおすすめしています。費用面から見た場合、Pマーク取得の方が全体費用としては抑えられます。企業の信頼性、安全性を高めるためにも両方を取得する企業様もいらっしゃいます。その際、PマークやISMSなど複数のマネジメントシステムにかかる規程を統合し、複数認証を維持するためのサービスもご用意しています。